害獣対策は念入りに|イタチ駆除は法律が関わるので注意!

鳥獣保護法とイタチ捕獲

イタチ

法律を守って捕獲する

本来は低い山や低地に生息しているイタチが、住宅地に出没し被害を与えるようになっています。畑を荒らしたり飼育しているニワトリや池の鯉を襲うなどの被害が西日本を中心に多発しています。被害が出ている場合は、イタチ駆除が可能ですが注意点があります。イタチは鳥獣保護法に守られている動物なので、被害があることを自治体に申し出て許可が出てからイタチ駆除することができます。捕獲したイタチがメスの場合は処分することができないので山へ逃がすように定められています。被害が全くないのに勝手にイタチ駆除することはできません。イタチの被害にあった場合は、個人で自治体に申請して捕獲し処分することは難しいと言えます。イタチは見かけと違って凶暴な性質であることも考えるとイタチ駆除のプロに依頼したほうが良いようです。

追い出しと捕獲方法

イタチは、侵入すると天井裏や壁の断熱材に巣を作り子育てをします。本能的に強い光を怖がることを利用して天井裏にライトを設置します。ライトは点滅式のものが効果があり、クリスマスのイルミネーションでも可能です。侵入口がわかっている場合は、侵入口から少し離れた場所に忌避剤を設置しておくと嫌がって近づきません。忌避剤にはイタチの天敵である動物の臭いが配合されているので逃げ出すのです。このような方法で追い出すことができなかった場合は、自治体にイタチ駆除の申請をして許可を取ってから捕獲のためのワナを設置します。イタチ駆除の業者は、捕獲し処分したあと二次被害を防止する対策をします。侵入口を探して塞ぎ、糞尿で汚れた天井裏や断熱材の処理などのアフターサービスも行っています。イタチ駆除は無理せずにプロに相談するほうが良いようです。

危険な害虫の駆除は

ハチ

蜂の巣退治の注意点は、自力でやるのは危険ということです。退治しようとして逆に退治されないようにするためには業者を使いましょう。専門業者なら安全に行ってくれます。また、そんな業者を使う時には保証制度がついている所を選ぶと、駆除後の再発に備えられます。

More Detail

スズメバチの巣の対処法

ハチの巣

自宅にスズメバチの蜂の巣ができた場合は、退治の時自分が刺されるリスクを考えると業者に依頼したほうがいいでしょう。火災や周囲のクレームといった自力で退治を行った際に起きるトラブルが、業者に依頼すると少ないのが人気の理由です。

More Detail

困ったら専門業者がいます

業者の男性

海外原産の動物が日本に住み着き害獣として被害をもたらしている現状を受け、自治体も対策に乗り出しています。それでも、増加の一歩をたどる害獣への対応手段としては、現場に残された情報を利用した害獣の特定、及び防除対策をすることは可能です。それでも被害が続く場合は、害獣駆除専門業者に相談してみることです。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加