困ったら専門業者がいます|害獣対策は念入りに|イタチ駆除は法律が関わるので注意!

害獣対策は念入りに|イタチ駆除は法律が関わるので注意!

困ったら専門業者がいます

業者の男性

みんなが困っています

最近では、もともと海外にいた動物が何らかの理由で日本に連れてこられ、野生化した動物たちが、農作物などに被害をもたらすことが多く、話題に取り上げられています。日本古来の生物ではない場合、自然界には天敵がいない場合があり、爆発的な増加をするものもおり、被害も甚大になっているのが現実です。こうした声を受け、各自治体を中心に害獣駆除の動きが強まっており、それぞれの害獣の捕獲機を無料で貸し出しするなど、地域を挙げた問題解決がなされています。しかし、その増加数に比べ、害獣駆除が追い付いていないのが現状であり、捕獲数が右上がりに増えているだけで、実際の被害は減少しておらず、さらなる害獣駆除が求められている状況にあります。

ターゲットを絞ると早い

こうした自治体の害獣駆除だけでは、収穫物の確保がままならず、さらなる害獣駆除を行いたい場合には、それぞれが対策を行っていくことが大切です。残された痕跡から、ターゲットとなる害獣を特定するだけでも、どういった駆除対策を行うべきか、一歩前進することができるのです。被害となった現場に残される痕跡としては、足跡、毛、糞、食べ残しの状態、侵入ルートなどがあり、これらを分析することで、害獣の特定を擦ることができます。それらの害獣の特性を利用して、防除ネット、忌避剤、罠などの準備を行うことが出来ると同時に、インターネット上に掲載されている対策を試すこともできます。また、それでも効果がない場合は、害獣専門業者に相談して、これまでの対策を伝えることで、より早い解決を望めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加